Y!mobileは「通話かけ放題」がお得!だけどちょっと注意点が…


安く利用できるY!mobile(ワイモバイル)の通話かけ放題サービス。

2016年頃まではかなり需要の多いサービスでした。というのも、それまではスマホ料金が安くなる格安SIM(MVNO)で「通話かけ放題」のサービスが提供されていなかったからです。

しかし、2017年からMVNOが続々と通話かけ放題サービスを開始。

これにより、Y!mobileが提供していた「10分間かけ放題」のサービスを格安SIMでも利用することができるようになりました。

 

では、Y!mobileと格安SIMの通話かけ放題、どういった違いがあり、どちらを選べば良いのでしょうか??

今回は、通話かけ放題が必要だけど、月額料金は安くしたい・・・という方に参考にしていただけたらと思います!

 

Y!mobile(ワイモバイル)の通話かけ放題プラン

Y!mobileでスマホを契約した場合、基本プランに通話かけ放題がセットになっています。

どのプランもかけ放題の内容は同じで、10分以内の国内電話が無制限で利用できます。

月額料金は、データ通信量が2GB/月の「スマホプランS」で1年目1,980円、2年目2,980円です。

※格安SIMは1年契約が多いですが、Y!mobileは2年契約となり、2年以内の解約は契約解除料9,500円が発生します。

 

この料金が安いのか?ということですが、格安SIMの3GBプランが約1,600円/月。10分かけ放題オプションが約850円/月であることを考えると、ほぼ格安SIMと同じ料金と言えます。(どちらも約2,500円/月)

 

かけ放題の完全定額サービス「スーパーだれとでも定額」

10分かけ放題とは別に、Y!mobileには何分でも通話できる完全定額サービス「スーパーだれとでも定額」があります。

このサービスを利用すれば、完全にかけ放題として通話を利用することが可能です。

月額基本料に1,000円追加することで利用可能(ケータイプランの場合は1,500円)。

長電話が多い方にとっては、かなりコスパが良くなりそうな価格ですね!

 

 

格安SIMの通話かけ放題サービスを比較検討してみる

そもそも、Y!mobileを選ぶメリットは、SoftBankなどの大手キャリアよりも安い月額料金にありました。ところが、格安SIMにも通話かけ放題サービスが登場したことで、通話かけ放題が必要な方も、格安SIMに乗り換えるようになっています。

 

格安SIMの通話かけ放題サービスもチェックしておきましょう!

 

格安SIMで完全かけ放題サービスは2つだけ

格安SIMで完全かけ放題(時間制限無し)が使えるのは、「楽天モバイル」か「もしもシークス」のみとなっています。

楽天モバイル

月額2,380円で完全かけ放題。

後述するもしもシークスよりも高く感じますが、月額基本料が安いので、3.1GBプランで3,980円。もしもシークスと同等の月額料金だ。

楽天モバイルに契約することで、楽天でも買い物にポイント1%上乗せされるなど、お得感は楽天モバイルが上回ります。

 

もしもシークス

月額1,800円で、完全かけ放題。(※ただし、連続して1日50回以上の通話や、連続して60分以上の通話など大幅な利用には制限される場合があります。)

3.5GB/月のデータ通信量で契約した場合、完全かけ放題にすると3,980円/月の料金となります。料金だけでみれば、約3,500円で契約できるY!mobileよりも少し高い価格設定と言えます。

公式サイト:もしもシークス

 

特定の人とだけ長電話するならこの格安SIM!

特定の人との通話だけ、完全かけ放題にできるサービスもあります。

 

OCNモバイルONEは上位3人までかけ放題!

OCNモバイルONEの「トップ3かけ放題」サービスを利用すれば、毎月3人までの通話相手に回数・時間ともに無制限でかけ放題にすることができます。

月額料金は850円。

さらに10分かけ放題サービスを併用した「かけ放題ダブル」にすれば、月額1,300円で3人まで無制限+10分誰とでも無制限となるので、かなり使い勝手の良いサービスです。

毎月、決まった人とだけ長電話する人にはオススメ!

公式サイト:OCNモバイルONE

家族間通話ならIIJmio(30分まで無料)

家族間の通話が長い人は、IIJmioを検討してみよう!

「誰とでも10分 家族と10分」サービスを使えば、家族間通話が30分までかけ放題。

月額料金は830円。

家族間通話として扱われるのは、同一mioID間での通話のみとなる点に注意しよう!

公式サイト:IIJmio(みおふぉん)

 

3分、5分、10分かけ放題サービス比較

その他の格安SIMでも、5~10分間だれとでもかけ放題となるオプションサービスがあります。

サービス MVNO名 月額料金
3分かけ放題 BIGLOBE SIM 650円
5分かけ放題 楽天モバイル 850円
10分かけ放題 OCN モバイル ONE 850円
NifMo 830円
LINEモバイル 880円
イオンモバイル 月額850円
DMMモバイル 850円
mineo 850円
nuroモバイル 800円
DTI SIM 820円

 

公式サイト:Y!mobile(ワイモバイル)

 

 

Y!mobileのメリット・デメリット

かけ放題サービスにも色々とあることをご紹介してきましたが、Y!mobileにすることのメリット・デメリットはどういったことでしょうか?

 

メリット

まず最初に上げるなら、やっぱり完全通話かけ放題ならY!mobileが安いということですね。

au、docomo、SoftBankの大手キャリアも完全かけ放題がありますが、Y!mobileのように安くありません。

格安SIMの完全かけ放題を選ぶなら、私も利用している楽天モバイルがオススメ。

月単位でオプション利用を選択できるので、どのくらい使うか分からないユーザーは、楽天モバイルのように選択肢が広いほうが良いでしょう。

ただし、Y!mobileもかけ放題オプションは月単位で契約・解除できるので、完全かけ放題を使う比率が高くなる方はY!mobileという選択が良いかと思います。

 

もう一つのメリットは、留守番電話サービスが無料ということ。格安SIMですと、通常300円/月程度のオプションサービス料が発生するので、その分費用が高くなります。

格安SIMとY!mobile、どちらもスマホの維持コストは安いですが、前者はとにかく料金を抑えるため、後者は電話を多く使う方向けといった感じのサービスかなと思います。

 

Y!mobile-hosyou

その他にも上記のようなオプションサービスがあります。

 

デメリット

Y!mobileのデメリットとしては、まずは2年契約(※解除金は9,500円)ということです。格安SIMは1年契約(一部キャンペーンは2~3年契約)となることが多いので、その分なにか問題が起きた時、比較的他社乗り換えがし易いです。

また、契約更新は自動で行われてしまうので、契約更新月にしっかり解約しないと、また2年間Y!mobileを使うことになるので注意が必要です。

 

それ以外では、音声通話の電波範囲がやや悪いといった評判が見受けられます。

Y!mobileはソフトバンクと同じ音声通話品質なので、ソフトバンクユーザーは同じと思って大丈夫です。

現在 au、docomoユーザーは、もしかしたら、音声通話の電波が弱いと感じるかもしれません。

この点は、一応注意点として挙げておきました。

 

 

Y!mobileを契約するならネットと実店舗、どっちが良い?

最後に、Y!mobileを契約する場合、実店舗とネットショップ、どちらが良いか?ということなのですが。

やっぱり、実店舗をオススメします。

 

理由は、

  • 回線乗り換えの場合、ネット申し込みだと回線が使えない期間が発生するリスクあり
  • スマホ同時購入ならやっぱり実物を触ったほうが良い
  • 実店舗だと分からないことがすぐに解決する

といったことが挙げられます。

 

もし、ネットショップがオトクなキャンペーンを実施していて、明らかにオトクな場合は別ですけどね!

そのあたりは、実店舗とネットショップを見比べて見てください。

 

以上、Y!mobileのかけ放題オプションについてでした。

私個人は、しばらく楽天モバイルの5分かけ放題でいこうと思います。

(mineoに戻るか検討中)

 

Y!mobile公式ストアはこちら

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ