中学生・高校生がスマホを買ってもらう方法は?格安SIMで説得しよう!


これから中学生・高校生に進学する人にとって、新しい生活はワクワクしますよね!でもそれと同時に、沢山の不安もあるはず。その一つが、「自分がスマホを持っていないこと」ではないでしょうか?

年々、スマホを所持する年齢層は低くなってきており、高校生ともなるとほとんどの人がスマホを所持しています。中学生でも、6割の人がスマホを持っているのが2015年の調査で分かっています。

「でも、親がなかなかスマホを買ってくれない!」

「このまま入学したら、仲間外れになるのでは…?!」

なんて不安を抱えている、そこのあなた!今は、スマホを激安で所有することができるんですよ!月額500円でスマホを所持する方法を教えるので、ここで教える方法を親に伝えてスマホを買ってもらいましょう♪

 

どうして親はスマホを買ってくれないのか?

まず、スマホをおねだりする前に、親の気持ちもちょっと考えてあげましょう。親がスマホを買ってあげない理由は、経済的理由以外にも、あなたのことを想っての行為だったりするんですよ!

 

学業の妨げになるのではないか?

screenshotshare_20150529_135923

経済的理由以外では、あなたの親は”学業への妨げ”を心配しています。スマホって、ハマってしまう面白いゲームが沢山あるんですよね^^; あとは、学校でのイジメも、LINEなどによるグループトークが発端になることもしばしば。そういった不安が親にはあるんです。

でも、スマホを持っていないことで逆効果になることもあるんですよね!きっとそれは、君達が一番理解していること。そう、スマホを持っていないことで”ハブられる”という心配。スマホを持っていないからというより、ちょっとしたトラブルの時に、スマホを持っていないことを逆手に取られるケースもあるようです。こういったトラブルのとき、だれかスマホで相談できる相手がいると、気持ち的にもゆとりができますよね。スマホを持つことって、決して悪いことばかりじゃない。学業の面でも、学習アプリがあったり、わからないことを直ぐに調べることができるので、使い方を間違えなければとっても便利なツールなんです。

こういったことを、親としっかりと話し合って、あなたと親で決めたルールを作ってみてください。例えば、21時以降はスマホはイジラない。とかね!そうすれば、きっと親も納得してくれますよ♪

 

スマホの維持費が高い…

doll-money

スマホを買ってもらえない理由が、経済的理由…というあなた。その点は安心してください!今までは、スマホを契約すると毎月8,000円程支払うのが当たり前でした。でも、ここでお伝えする方法は、そんな心配は全くいりません!毎月、500円前後でスマホを維持することができますよ!

大人でも、まだまだあまり知らないことではあるので、ここでしっかり理解して、安いスマホがあるんだよって親に説得してみてくださいね。

 

500円以下でスマホが持てる?格安SIMってなぁに??

今回あなたにお伝えする方法は、格安SIMを使ってスマホを持つということです。「格安SIM?なにそれ?」って思ったかもしれませんが、こんなスマホに挿し込む小さなカードのことです。

sim-insert

 

スマホって、スマホだけ持っていても友達とのLINEやらアプリのダウンロードなんかはできないんです(厳密にはWiFi接続すればできますが)。実際に使うには、写真のような小さなカードを差し込む必要があります。その中でも格安で使えるのが格安SIMということです。実は、格安SIMにはいろんなものがあるんですが、ここではあまり重要ではないので最後にオススメの格安SIMだけお伝えします。

で、格安SIMの料金なんですが、例えばこちら↓

dmm-fee

これは、DMM mobileという格安SIMの月額料金です。この料金で、スマホを持つことが可能。中には440円なんてプランもありますよね?あなたが思っていたよりも、ずっと安いのではないでしょうか??ちょっとこの表の見方や意味を説明していきますね!

 

高速データ通信量ってなに?

まずは高速データ通信量について理解しましょう!表を見ると、1GB,2GB,3GB…なんて表記があって、それぞれ数字が増えると月額料金も高くなっていますね。これは、「1か月間に使える高速データ通信の限界容量」のことです。この容量を超えると、低速通信になります。では、高速通信ってどんな時に使うのでしょうか?

高速データ通信というくらいだから、データをダウンロードしたりする速度が速いです。そして、高速データ通信でないと使えないサービスというものがいくつか存在します。その代表的なのが、YouTube動画です。動画を再生するには、高速データ通信が必要で、しかもかなりのデータ容量を消費します。1GBプランだと、ちょっと動画を見ただけですぐに容量オーバーしてしまいます。つまり、格安SIMはちょっと動画を見るのは不向きってことですね。

でも、590円の1GBプランでも、友達とのLINEでのやり取りは問題なくできます!メッセージアプリはほとんどデータ容量を消費しないんですよね!LINEの無料通話となると、ちょっと消費が早くなりますけどね。それでも、ほとんどの人が1GB~3GBプランの中から選べば、十分活用範囲になると思います。

 

データSIMと通話SIMってなぁに?

dmm-fee

もう一つ知っておいてほしいのが、データSIMと通話SIMという存在。表を見てもらうと、上の欄にこの2つの項目がありますよね。通話SIMの方が高くて、データSIMの方が安くなっています。

「通話SIMだから通話ができて、データSIMだと通話ができないの?」

って思いますが、半分正解で半分不正解です。通話SIMだと、電話番号がもらえて、どこにでも電話をかけることができます。逆にデータSIMだと、電話番号がもらえないので、電話番号でかけることができません。しかし、データSIMでも、LINEで登録されているお友達同士なら、いくら電話しても無料です。中学生や高校生でしたら、友達や家族以外に電話することなんてほとんどないので、データSIMで十分だと思います。なにより安いですからね!

 

残る問題はスマホ本体。これは親に買ってもらうべき?

ここまで読み進めてくれた君には、「あれ?意外とお小遣いでもいけそう!」なんて思っているかもしれませんね!残る問題は、格安SIMを使うスマホ本体です。そう、格安SIMだけ契約しても、肝心のスマホがなければ何もできません。この部分は、色々な選択肢があります。

 

一番簡単なのは格安SIMと同時にスマホ購入

dmm-tanmatsu

一番簡単なのは、格安SIMと同時にスマホをセット購入することです。2年間の分割払いで、スマホ料金は月1,500円程。基本料と合わせて月額2,000円くらいが普通です。このくらいだったら親も負担してくれる…という方なら、この方法が安くて一番安心&失敗しない方法ですね!個人的にもこちらの方法をオススメします。

 

親がスマホ機種変更する人はチャンス!

もしあなたの親が、ちょうどスマホを機種変更するって人はチャンスかもしれません。親の使っていたお古を使うことにはなりますが、そのスマホをもらって、月額500円の格安SIMを差し込むだけで使えるようになるかもしれません。

ただ、格安SIMがつけるスマホと使えないスマホがあるので、そのあたりは格安SIMの動作端末一覧(>>こちら)を参考にしてみてください。もし格安SIMが使えるスマホをもらえるなら、最もコストを抑えてスマホデビューできちゃいますよ。

 

端末も自分で買わなきゃいけないなら…ヤフオク!?

中には、「スマホも自分で買いなさいっ」なんて言われてしまった人もいると思います。そんな人は、ヤフオクで中古品を購入することをオススメします。中古品といっても、ほぼ新品のものもありますし、ちょっと使ったものであれば7,000円くらいで手に入ったりしまう。値段では、大体7,000円~20,000円くらいですね。ちょっと学生には高いお買い物ですが…お年玉なりをちょっと奮発して頑張ってみてください。どんな機種が良いのかわからない方は、お問い合わせやコメントで質問していただければと思います♪

 

中学生・高校生がスマホを買ってもらう方法 まとめ

如何だったのでしょうか?以外とスマホって安く使えるんだな~と思っていただけたのではないでしょうか?昔と違って、今はスマホが安く使える時代。スマホは持っているだけで、お友達とのコミュニケーションは勿論、あなたの学業の支えにもなってくれる心強い味方です。

学生時代に携帯があまり普及していなかった親にはちょっと抵抗があるかもしれませんが、スマホの良さって沢山あるので、親とじっくり話しあって、あなたと親のルールの元、スマホデビューさせてもらいましょう♪

 

Sponsored Links


2 Responses to “中学生・高校生がスマホを買ってもらう方法は?格安SIMで説得しよう!”

  1. かすか より:

    今中学生です。親に自分だけスマホ持っとるのにさらに機種変するんなら俺もほしいと言ったら、まだ中学生だし必要ないと言われました。何か買ってもらう方法は、ありませんか?

  2. しむにぃ より:

    かすかさん

    ご訪問ありがとうございます^^ 

    まず、親御さんがスマホを買ってくれない理由をちゃんと知るのが大切です。

    親御さんは「中学生だから必要ない」といっているようですが、スマホは学習面でもとても役に立つツールです。
    例えば、分からないことはすぐにスマホで調べることができますし、無料でお勉強できるアプリも沢山あります。

    情報リテラシーを高めるには、スマホは必須アイテムです。「情報リテラシー」って言葉が分からなければ、調べてみてください。
    …ほら、こんな時、スマホがあれば10秒で調べることができます^^

    もしかしたら、親御さんはほんとうは「スマホが高いから無理…」と思っているのかもしれません。
    もし、お金が高いことが問題であれば、ここで紹介している格安スマホ・格安SIMはとても手助けになると思います。
    一番安いもので、月額800円くらいから持てる可能性がありますからね!

    まずは、スマホがどれだけ今の時代に大切なものなのか、親御さんに話してみてください。
    勿論、ゲームをするだけとか、友達をメッセージをするだけだと、親御さんも怒ると思います。
    しっかり話し合いをして、家族間のルールを作れば、きっと買ってもらえますよ♪

    いつでもメッセージください!

    しむにぃ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ