スマートフォンの使用時間を延ばす超バッテリー節約術7項目!(Android&iPhoneの電池改善)


スマートフォンの最大の弱点、バッテリー持ちの悪さ。

肝心な時にバッテリー切れで使えない…なんてことにならない為に、ここで紹介するバッテリー節約術を駆使して、バッテリーを長持ちさせましょう!

 

smartphone-charge2

 

 

1.まずはバッテリーを馴らしをしよう

まず最初にやってほしいことは、バッテリー馴らしです。スマートフォン購入直後は、バッテリーが眠った状態。ちょっと活性化してあげましょう。

やることは簡単。「電池残量0まで放電」⇒「100%まで充電」。

これを1~3回繰り返しましょう。

 

2.画面の明るさを調整する

power-save1   power-save2

画面を明るくし過ぎると、電池消費もその分大きくなります。

使用環境に応じた明るさに設定するようにしましょう。(多くは自動調整機能があります)

また、画面の消灯時間を短く設定することで、バッテリー使用量を減らすことができます。

 

3.BluetoothやWi-Fi、GPSを無効にする

power-save3   power-save4

Wi-FiやBluetooth、GPSは有効にしているだけでバッテリーを消費します。

使っていないときは無効にしておくことで、かなりバッテリー消費を抑えることが可能です。

 

4.同期の項目や頻度を挑戦する

DropBoxやEverNote、G-mailといったアプリケーションの同期は、同期の度にネットに接続します。

同期頻度を調整することで、バッテリーの消費を抑えることができます。

 

5.バックグラウンドで起動中のアプリを終了する

アプリケーションは、使っていなくても起動しているだけでバッテリーを消費します。

使っていないアプリは、こまめに終了するようにしましょう。

iPhoneの場合は「ホームボタン2回」、Androidの場合は「戻るボタン」で起動中のアプリを確認することができます。

 

6.アニメーションの壁紙を使わない

壁紙の設定にも気を配りたい。

アニメーションの壁紙は、静止画に比べて電気消費量も大きくなります。

特に強いこだわりがなければ、壁紙は静止画に設定しましょう。

 

7.温度を上げない

car-interior

バッテリーの温度上昇は、バッテリーの寿命を縮めてしまいます。

温度の高い車内に置いたり、充電をしながら使用したりするのは避けましょう。

 

スマートフォンの使用時間を延ばすバッテリー節約術 まとめ

1.バッテリー馴らしで寿命を延ばす

2.画面の明るさを調整

3.BluetoothやGPS、Wi-Fiは無効にする

4.アカウント同期の頻度を減らす

5.バックグラウンドで起動中のアプリを停止する

6.アニメーションの壁紙を使わない

7.温度の上がる環境で使用しない

これらの点に気を付け、スマートフォンのバッテリーを上手に節約しましょう!

 

Sponsored Links


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ