楽天モバイルが通話定額「5分かけ放題オプション」の提供開始!


人気格安SIM 楽天モバイルが、格安SIM業界初となる「電話回線のかけ放題サービス」の提供を開始しました!サービス名は、「5分かけ放題オプション」。その名の通り、通話最初の5分が無制限で無料となるサービス。全て5分以内の通話であれば、利用料850円以外料金がかからない驚愕のサービスになっています。

これまで、通話料金が高いことが格安SIMのデメリットとお伝えしてきましたが、今回のサービス開始により、通話を沢山するユーザーも格安SIMへ乗り換える人が増えてくるでしょう。

楽天モバイルの通話定額サービス。熱すぎるサービスです!

 

5分かけ放題オプションの詳細

rakuten-teigaku-top

楽天モバイル「5分かけ放題」オプションの詳細スペックは以下の通りです。

【サービス内容】:5分以内の国内通話が回数無制限で無料(かけ放題)

【サービス利用料】:850円/月(税別)

【電話形態】:携帯電話回線(※IP電話ではない)

【最低利用期間】:無し(1ヶ月単位で契約可能)

サービス内容は、サービス名の通り最初の5分間の通話料が無制限で無料となります。但し、無料となるのは国内通話のみとなる点には注意してください。

rakuten-dennwa02

サービス利用料は、850円/月(税別)。但し、この1ヶ月間は楽天モバイルが定めた1ヶ月間となるので、契約のタイミングを間違えてしまうと、たった1日の契約で850円発生してしまいます。詳しくは、後述する『5分かけ放題オプションの注意点』を参考にしてください。

楽天でんわは、IP電話ではなく、携帯音声回線を利用しています。勿論、通話定額にもこの回線が使われます。つまり、IP電話のように音切れや電波不足といった通話品質は心配無用です。docomoの音声回線を使っているので、docomoと全く同じ通話品質です。

5分かけ放題オプションに最低利用期間はありません。1ヶ月単位で契約することができます。但し、日割り計算が無いので契約のタイミングには気を付けてください。

 

5分かけ放題オプションの注意点。日割り計算が無い?

5分かけ放題オプションは、大変お得で便利なサービスです。しかも、最低利用期間が無く、月単位で変更できる利便性もあります。

しかし、唯一気を付けて欲しい注意点が、契約のタイミングです。

5分かけ放題サービスは、月額料金の日割り計算がありません。そして、契約期間はお申し込み開始日から1か月ではなく、毎月11日~翌月10日までの1ヶ月単位となっています。つまり、もし仮に10日に申し込んでしまうと、たった1日の利用で月額850円が発生してしまうのです。

(例:2016年1月分=2016/1/11 0:00~2/10 23:59)

かけ放題オプションは、契約のタイミングを間違えてしまうと損してしまう可能性があるので、その点だけは注意してくださいね!

 

他社の通話かけ放題・通話定額との比較

実は、格安SIMで通話かけ放題・通話定額を提供している会社は他にもあります。

代表的なサービスは、「Nifmo」と「もしもシークス」です。

 

Nifmoと楽天モバイルの通話かけ放題を比較

nifmo-dennwa-top

Nifmoは、月額基本料に1,300円のオプション料金を追加することで、通話かけ放題となります。一回の最長電話時間が90分と長いのが特徴。この点は、楽天モバイルの通話かけ放題よりも勝っている点ですね。

但しNifmoの場合、IP電話の通話かけ放題です。IP電話は、データ通信を使った通話(LINE電話のようなもの)なので、通話品質が悪くなりがちです。仕事でも使う方や、大事な電話にはなかなか使いづらいのが欠点。

楽天モバイルは無料通話時間が5分間ですが、長時間の電話が多くない方は楽天モバイルが圧倒的におすすめです。長時間電話をするような相手なら、LINE登録させてもらって、LINE電話した方が良いのでは?…というのが個人的な見解です。

 

もしもシークスと楽天モバイルの通話かけ放題を比較

mosimosiix-top

もしもシークスは、データ通信1GB/月プラン、3分×30回の無料通話分が付いて、月額1,980円です。

楽天モバイルの通話かけ放題にすると、月額3,000円程になるので、基本料はもしもシークスの方が安いです。

もしもシークスは、IP電話ではなく、音声通話回線の無料通話なので、音声品質は楽天モバイルと同等です。しかし、3分×30回と無料通話分が少ないので、その点は楽天モバイルに劣ります。

もしもシークスは、短い通話を1日1回程度する方にはおすすめです。

 

以上、他社格安SIMの通話定額との比較を、私なりの見解で考察してみました。詳細については、「通話かけ放題・定額プランの格安SIMを比較」を参考にしてみてください。

 

楽天モバイルが現段階で最強の格安SIM!?

楽天モバイルと他社の通話定額を比較してきましたが、楽天モバイルは格安SIM全体でもトップクラス…というか、現段階ではNo.1の格安SIMだと思っています(2016年02月18日記載)。

以下、楽天モバイルの他社にはないオススメポイントです。

 

SIMフリー端末が安い

rakuten-sale-201512

ユーザーが楽天モバイルを選ぶ理由の一つが、端末の安さです。楽天モバイルでは、定期的に端末半額となるようなキャンペーンを実施しています。つまり、docomo端末を持っているユーザーだけでなく、auやSoftbankユーザーも端末セットで乗り換える価値が十分あります。大手キャリアからの乗り換えであれば、半年程で端末台の元は取れますね!

キャンペーンは毎月実施されているわけではありませんが、今後は乗り換えユーザーが増える3月~4月に大きなキャンペーンがありそうな予感がしています。その後は8月頃、12月頃が熱い時期です。端末が安い時期を狙って、キャンペーンを利用してお得に乗り換えましょう!

≫格安SIMキャンペーン記事一覧

 

楽天スーパーポイントが永年2倍!?

rakuten-mobile-tokuten

楽天モバイルの音声通話プランを契約した方は、楽天カードで貯まるポイントが永久2倍になります。これだけでも、かなりお得かと思います。データ専用SIMの場合は対象外となる点は気を付けてください。

 

データ通信品質が劇的に改善!

rakuten-cafe01

実は、2015年9月頃まで、楽天モバイルの通信品質は格安SIMの中でもかなり悪いものでした。しかし、楽天モバイルの運営元が楽天本体になったことで品質が劇的に改善。今では、トップクラスの通信品質です。

≫楽天モバイルの通信速度の評判が激変?新APNで通信品質が向上

 

今最も勢いのある格安SIM「楽天モバイル」はかなりオススメ!

sim-collection

楽天モバイルが現段階で最強の格安SIMと感じるのは、上記メリットの他に、『今最も勢いのある格安SIM』だと感じるからです。通信品質の改善、端末半額セール、そして今回の通話定額サービスの開始。間違いなく勢いのある格安SIMです。

楽天モバイル以外ですと、個人的にも愛用しているmineoやFREETELも勢いがありますね。楽天モバイル、mineo、FREETEL辺りが今後の格安SIM業界を引っ張っていきそうです。

 

逆に楽天モバイル以外にした方が良い…というパターンは、既に格安SIMを使える端末を持っている方。

au端末の場合、勿論楽天モバイルの格安SIMは使えないので、mineo一択ですね。UQ mobileは、最近通信速度が低下しており、あらゆる面でmineoが勝っています。

ドコモ端末を持っている方は、選択肢は沢山あります。楽天モバイルのデメリットとしては、3日間の速度制限(帯域制限)があることくらいでしょう。10GBプランなど、1日に使う容量が多くなりそうな方は、DMM mobilemineoIIJmioなどの速度制限のない格安SIMも良いと思います。

※速度制限詳細はこちら⇒「格安SIMの速度制限を比較

 

通話かけ放題が加わってさらに魅力的になった楽天モバイル。通話料が高いことがネックで大手キャリアだった方も、格安SIMデビューしてみては如何でしょうか?

バナー原稿_bimp

公式サイト楽天モバイル

 

Sponsored Links


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ