【2016年2月】格安SIM11社の通信速度を徹底比較


こんにちは、しむにぃです。今回は、沖縄県北谷にて格安SIMの通信速度検証を行ってきました。

2015年は通信速度の変動が激しかったですが、最近は通信速度が良いSIM、悪いSIMではっきり分かれてきた印象を受けます。

今回の検証結果を、是非格安SIM選びの参考にしてみてください。

※因みに今回の速度検証は沖縄にて実施しましたが、格安SIMの通信品質は地域差が無い(基地局の影響を受けるのは大手キャリア側)ので、関東や関西、その他日本全国のユーザーの参考になります。

 

格安SIM速度比較|測定環境

測定環境は以下の通りです。

  • 計測SIM IIJmio、mineo Dプラン、DMM mobile、楽天モバイル、Nifmo by Nifty、FREETEL SIM、U-mobile、OCNモバイルONE、DTI SIM、ぷららモバイルLTE、mineo Aプラン、UQ-mobile
  • 計測スマートフォン docomo系:Nexus5、au系:SOL26(XperiaZ3)
  • 計測アプリ Ookla Speedtest(サーバー:Chatan)
  • 計測日時 2015年12月24日(木曜日) 12時台、15時台、18時台
  • 計測場所 スターバックスコーヒー 北谷国道58号線

 

計測方法

それぞれの格安SIMで、計3回測定後、次のSIMに差し替え。同じ場所ですが、計測時刻はずれています。途中通信が切れてしまった場合は、再度計測しなおしています。全く同じ条件ではないので、その影響を受けている可能性もあります。

1回目の計測で20Mbpsを超えたものは、計測のみでかなりデータ通信量を消費してしまうため、1度のみの計測で終了しています。

 

docomo回線の格安SIM速度比較

docomo回線の格安SIMは、IIJmio、mineo Dプラン、DMM mobile、楽天モバイル、Nifmo by Nifty、FREETEL SIM、DTI SIM、ぷららモバイルLTE、U-mobile、OCNモバイルONEの10サービスです。

 

IIJmioの速度

201602-12-iijmio 201602-15-iijmio 201602-18-iijmio

   下り平均速度
12時台 2.29 Mbps
15時台 15.59 Mbps
18時台 11.83 Mbps

前回の検証では12時台でも30Mbps程の速度が出ていましたが、今回は2Mbps程になっていました。それでも、格安SIMで12時台に1Mpbsを超えていれば十分良い格安SIMと言えます。12時台以外は10Mbps以上出てくれたので、やはり非常に安定した格安SIMです。

 

mineo Dプランの速度

201602-12-mineod 201602-15-mineod 201602-18-mineod

   下り平均速度
12時台 0.65 Mbps
15時台 15.56 Mbps
18時台 1.36 Mbps

最近人気がぐんと上がった格安SIM mineo。通信品質では、これまで12時台でも1Mbps以上出ていましたが、今月ついに1Mbpsを下回ってしまいました。18時台も1.36Mbpsとちょっと気になる速度。

これまでは通信速度改善も対応が早かったので、今後の改善に期待。まだ以前おすすめの格安SIMであることに変わりはないですが、高速通信が必要な方にはちょっと気がかりな結果となりました。

 

DMM mobileの速度

201602-12-dmm 201602-15-dmm 201602-18-dmm

   下り平均速度
12時台 0.76 Mbps
15時台 15.45 Mbps
18時台 7.09 Mbps

DMM mobileもmineo Dプラン同様、12時台の速度低下がみられました。2015年にも7月頃に速度低下しましたが、その後改善されています。今回も、今後の設備増強による速度改善に期待したいところ。

12時台以外は安定した速度が出ているので、普通に使用する分には特に不自由は感じないでしょう。

 

楽天モバイル 旧APNの速度

201602-12-rakutenold 201602-15-rakutenold 201602-18-rakutenold

   下り平均速度
12時台 0.32 Mbps
15時台 12.34 Mbps
18時台 1.80 Mbps

楽天モバイルは、2015年10月6日以降の契約分から、接続APNが「vdm.jp」から「rmobile.jp」に変更になりました。要するに、同じ楽天モバイルでも異なる回線があるってことです。そして、古い回線(vdm.jp)を使っているこちらの通信速度は、新しい回線よりもかなり遅いです。

今回の検証でも、やはり古い回線では12時台に0.32Mbpsの速度しか出てくれませんでした。これから契約する方は心配ありませんが、古い回線を使っている方はちょっと不便を感じそう。古い回線は、今後も速度改善はあまり見込めないと、個人的には思っています。(他社格安SIMに乗り換えか、再度楽天モバイルに契約して新しい回線をつかいましょう!)

 

楽天モバイル 新APNの速度

201602-12-rakuten 201602-15-rakuten 201602-18-rakuten

   下り平均速度
12時台 0.74 Mbps
15時台 13.81 Mbps
18時台 4.14 Mbps

こちらは楽天モバイルの新しい回線(新APN)の通信速度。古い回線よりも速度が出ています。ただ、12月の段階では12時台でも5Mbps程出ていたことを考えると、かなり速度低下はしてきています。

楽天モバイルは12月に端末半額セールをやっていたりと、キャンペーンがお得なので利用者が激増している影響と思われます。

それでもお得な格安SIMであることは間違いないので、docomo回線の格安SIMでオススメを選ぶなら、間違いなくトップ3に入る格安SIMです。

 

DTI SIMの速度

201602-12-dti 201602-15-dti 201602-18-dti

   下り平均速度
12時台 11.42 Mbps
15時台 12.84 Mbps
18時台 8.71 Mbps

現在、データ専用SIM&SMS付SIMなら半年間無料のキャンペーンを実施中のDTI SIM。後発組の格安SIMながら、お得なキャンペーンで他社に対抗しています。

キャンペーンはとてもお得ですが、まだまだブランドの認知度の低さや、サービスの機能不足などからそこまでユーザーが増えている印象はないです。

通信速度は安定していますが、こちらのSIMは『格安SIMをお試ししてみたい!』という方に向いているSIMかなと、個人的には感じます。

 

FREETEL SIM の速度

201602-12-freetel 201602-15-freetel 201602-18-freetel

   下り平均速度
12時台 9.27 Mbps
15時台 13.61 Mbps
18時台 16.64 Mbps

今回の計測でも、FREETELは非常に良い結果となりました。通信品質は、間違いなくトップクラスです。ただ、FREETELの場合、『使った分だけ安心プラン』という段階制定額プランなので、使えば使うほど料金が高くなってしまいます。

プランを自分で選ぶ必要がなく、毎月使用量が大幅に変わる人には便利ですが、通信費用を抑えたい方は、やはり定額基本料金のプランがおすすめです。

 

OCNモバイルONEの速度

201602-12-ocn 201602-15-ocn 201602-18-ocn

   下り平均速度
12時台 0.38 Mbps
15時台 14.78 Mbps
18時台 0.81 Mbps

格安SIMで最もシェア率の高いOCNモバイルONEですが、通信速度はあまり出てくれません。あまり声を大にして言えませんが、もし私が格安SIMを選ぶなら、OCNモバイルONEは選ばないです。OCNモバイルONEは口座振替ができるので、クレジットカードを持ちたくない人などがお申し込みするには良いです。

 

Nifmo by Nifty の速度

201602-12-nifmo 201602-15-nifmo 201602-18-nifmo

   下り平均速度
12時台 0.49 Mbps
15時台 18.57 Mbps
18時台 16.87 Mbps

Nifmoは、今回の速度検証では比較的良い結果となりました。12時台は0.5Mbps付近とちょっと遅いですが、それ以外では10Mbps以上の速度になっています。

通信速度面では向上が見られましたが、ユーザー離れもあるのかもしれません。2015年は通話かけ放題の噂で話題になっていましたが、蓋を開けてみると結局IP電話でのかけ放題(予想通りではありますが…)。その一方、最近は電話回線のかけ放題が楽天モバイルから登場しました。他社サービスに一歩後退している印象を受けるNifmo。今後の挽回に期待です。

 

U-mobileの速度

201602-12-umobile 201602-15-umobile 201602-18-umobile

   下り平均速度
12時台 0.21 Mbps
15時台 0.55 Mbps
18時台 0.36 Mbps

U-mobileはここ半年程、ずっと速度が遅いです。今回の検証では、速度が出やすい15時台でも1Mbps以下という結果でした。U-SEN音楽聞き放題プランなど、独自サービスを展開していますが、ここまで速度が出ないとオススメはできません。。

 

ぷららモバイルLTE 無制限プランの速度

201602-12-plala 201602-15-plala 201602-18-plala

   下り平均速度
12時台 1.09 Mbps
15時台 0.84 Mbps
18時台 0.45 Mbps

ぷららモバイルLTEの通信速度は、ここ最近かなり悪くなっている印象です。以前であれば15時台であれば2Mbps付近まで出てくれたのですが、2016年1月あたりから速度が出なくなっています。

この速度では動画が見れないので、現在解約を検討中です。

 

au回線の格安SIM速度比較

au回線の格安SIMは、mineoとUQ mobileの二つと契約しています。他にもau回線を提供する格安SIMサービスはありますが、やはりメジャー所はこの2つでしょう。

これまでは、通信品質重視ならばUQ mobile。そうでなければサービス重視のmineo。と私は主張してきました。しかし、UQ mobileの運営元が変わったことで、UQ mobileの通信品質が低下。現段階では、『au端末を使うならmineo一択で良いのでは?』というのが私の意見です。

 

mineo Aプランの速度

201602-12-mineoa 201602-15-mineoau 201602-18-mineoa

   下り平均速度
12時台 1.19 Mbps
15時台 13.00 Mbps
18時台 4.58 Mbps

mineo au回線の通信速度は、ここ半年間ずっと同じような結果になっています。安定している格安SIMと言えますね。12時台も1Mbps以上出てくれることが多く、メインで使っても不満は全く感じません。

便利な機能やお得なキャンペーンも多く、とてもオススメな格安SIM。

 

UQ-mobileの速度

201602-12-uqmobile 201602-15-uqmobile 201602-18-uqmobile

   下り平均速度
12時台 2.64 Mbps
15時台 12.2 Mbps
18時台 44.49 Mbps

UQ mobileは、運営元が変わったことで、特に12時台の通信速度がかなり悪くなりました。以前は12時台でも平気で10Mbps以上の速度でしたが、今回の計測では2.64Mbpsまで下がっていました。

18時台は圧巻の45Mbpsでしたが、通信速度ならUQ mobile…とは言えないのが現状です。

 

2016年2月の速度比較まとめ・総評

今回計測したMVNO9社の結果をまとめてみました。

平均ダウンロード速度 12時台 15時台 18時台
docomo系 IIJmio 2.29 15.59 11.83
mineo Dプラン 0.65 15.56 1.36
DMM mobile 0.76 15.45 7.09
旧楽天モバイル 0.32 12.34 1.80
新楽天モバイル 0.74 13.81 4.14
DTI SIM 11.42 12.84 8.71
FREETEL SIM 9.27 13.61 16.64
OCNモバイルONE 0.38 14.78 0.81
Nifmo by Nifty 0.49 18.57 16.87
U-mobile 0.21 0.55 0.36
ぷららモバイル 1.09 0.84 0.45
au系 mineo Aプラン 1.19 13.00 4.58
UQ-mobile 2.64 12.20 44.49

 

格安SIMで通信速度を気にしなくてはいけないユーザーは、

「動画視聴を頻繁にするユーザー」、「サラリーマンなどで決まった時間(特に混雑時間帯)に多くスマホを使う方」です。

動画視聴であれば、最低でも1Mbps以上は欲しいところ。高画質であれば3Mbps以上は必要です。

ネット閲覧であれば、0.5Mbps程あればそれほどストレスなく見れますが、やはり1Mbps程あった方が良いでしょう。

 

docomo系格安SIMでは、今回も速度部門では2強の『IIJmio』と『FREETEL』が安定した通信速度を記録しました。docomo系の格安SIMで、通信速度もある程度欲しい方は、この2つから選ぶのが間違いないです。

但し、これら二つはそれぞれタイプが全く異なります。

IIJmioは月額固定料金。FREETELは段階制定額(使った分だけ課金式)です。これらの違いは調べてから契約するようにしましょう。

公式HP:IIJmio

公式HP:FREETEL

 

高速データ通信にそれほどこだらないのであれば、「mineo D」と「楽天モバイル」、「DMM mobile」がオススメ。通信品質では、IIJmio・FREETELに劣るものの、比較的安定感のある品質をキープしつつ、その他のサービスが充実しています。

楽天モバイルは、今一番勢いのある格安SIMだと思います。運営元が楽天本体になったことで、通信品質が改善されましたし、楽天ポイントが永年二倍になる特典や、端末半額のキャンペーンがとてもお得です。さらに最近、音声通話回線による5分間かけ放題オプションが登場しました。これまで、通話料金が高くて契約できなかった人も安心して格安SIMに乗り換えることができます。今イチオシの格安SIMですね!

公式HP楽天モバイル

 

mineo Dプランも使いやすく人気の格安SIM。若干速度低下がみられたのが気がかりですが、その他のサービス充実度はトップクラス。高速・低速モードの切り替え、余ったデータ通信量の繰越など、基本的な機能は当たり前。それ以外にも、全国ユーザーとパケットをシェアできるサービスも開始しました。キャンペーン特典もお得なことが多く、選んで失敗の少ない、使いやすい格安SIMです。

公式HP:mineo

 

au系格安SIMでは、2015年12月の検証同様、UQ mobileの通信品質が低下しています。通信速度重視の人に愛用されていたUQ mobileですが、今後はよりmineoを選択するユーザーが増えそうです。

あくまで私の見解ではあるものの、今au端末を使う格安SIMを選ぶなら、mineo一択では?と思っています。

公式HP:mineo

 

以上、2016年2月の格安SIM速度比較のまとめ・総評でした。

TwitterやFacebookで最新情報の更新&質問にお答えしておりますので、フォロー、いいね!お願いいたします。

 

これまでの通信速度比較のまとめは、

MVNOの通信速度を徹底比較・まとめ」を参考にしてみてください。

 

Sponsored Links


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ