mineoがdocomoのMVNO開始!日本初のマルチキャリア


株式会社ケイ・オプティコムが提供する大手MVNO「mineo」。

これまで、au回線のMVNOとして、auスマホ端末を持つユーザーに人気のサービスでした。

そんなmineoが、2015年09月からdocomoのMVNOも開始することが発表されました。

これで、日本初となる「MVNO マルチキャリアサービス」事業者になりました。

 

mineo-docomo1

マルチキャリアサービスって何が凄いの?

そもそも、格安SIMカードを使っていない大手キャリアユーザーにとって、どういったことが凄いのかいまいちピンと来ないかもしれません。

格安SIMは、MVNOと呼ばれる大手キャリアの回線を借りた業者が提供しています。

これまでのMVNOは、docomo回線かau回線のどちらか一方のみのサービスを提供していました。

docomoとau、どちらの回線も現在では広くサポートされており、多くの違いを感じる人は少なくなってきました。

そこで焦点となるのが、回線によって変わる利用可能端末です。

 

mineoが使えるのは「au端末 or SIMフリー端末」のみだった

mineo-docomo2

格安SIMカードは、docomoやauのスマホ端末でも利用することが可能です。

しかし、どの組み合わせでも利用できるわけではありません。

au回線を利用しているmineoは、「 LTE対応au端末 or SIMフリー端末 」のみ利用可でした。

つまり、これまではdocomoのスマホではmineoは利用できなかったわけです。

 

そして、その制限を打ち破ったのが、docomoのMVNOサービス開始です。

これにより、mineoはdocomo回線も利用可能になります。

つまり、2015年09月からmineoは「LTE対応のau・docomo端末 or SIMフリー端末」で利用可能になるということです。

 

docomoのMVNOで一番人気は…?

格安SIMを提供するMVNOは、au回線よりもdocomo回線の方が多いのが現状です。

よって、「au端末を使いたいならmineo」というように他社と差別化されてきました。

しかし、ここにきて激戦区ともいえるdocomo回線を取り入れることにしたmineo。

果たして勝算はあるのでしょうか?

 

docomoのMVNO、一番人気はやはりDMM mobile

現在のところ、やはり一番人気と言えるのはDMM Mobileでしょう。

データ専用1GBプランが680円から利用可能と、業界最安値が人気の理由です。

これに対し、mineoのデータ専用1GBプランは850円です。

少し、DMM Mobileよりも高い印象を受けますが、実はmineoのデータ専用SIMにはSMSオプションが含まれています。

SMSは、LINE登録をする際などに重宝する機能。LINEは、SMS認証orFacebook認証のどちらかをしなければ利用できません。

DMM Mobileは、SMS利用に150円の月額料金が発生します。

つまり、データ専用SIMでSMS利用する場合、40円しか月額料金が変わりません。
(mineo:850円 DMM:820円)

 

実は格安SIM最安値はmineo?

データ専用SIMの1GBプランでは、ややDMM Mobileの方が安いのですが、mineoには500MBプランという新しいプランがあります。

このプランは、月額700円とかなり激安プランになっています。

「SMS利用するけど、データ通信は少なくて十分」という方は、mineoのサービスがよりお得に利用できますね。

 

是非参考にしてみてください。

 

>>「mineoの記事一覧に戻る」

 

Sponsored Links


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ