通話かけ放題でおすすめの格安SIMはどこ?通話定額プラン徹底比較


携帯で通話をよくするけど、月額費用は安くしたい。そんなユーザーにおすすめなのが、「通話かけ放題」の格安SIMです。厳密には、かけ放題というよりは無料通話分の付いたプランのご紹介となります。

通話料金が高いのがデメリットの格安SIMですが、通話定額プランを選べば、大手キャリアよりもスマホ維持費を安くすることが可能。また、これまで費用が高いからスマホ所有を諦めてきたユーザーにも、通話定額プランはおすすめです。

 

通話定額ならNifmo,Y!mobile,もしもシークス

通話定額の格安SIMを提供しているのは、「Nifmo」と「Y!mobile」と「もしもシークス」です。Y!mobileは厳密には格安SIMサービスではないのですが、ほぼ同クラスの低価格なので、ここではあえて格安SIMと同じ扱いをさせていただきます。

 

Nifmo

nifmo-logo2Nifmoは格安SIMで初の通話かけ放題!月額1,300円とお財布に優しい

Nifmoは、2015年11月から格安SIMで初となる通話かけ放題プランの提供をスタートさせました。「通話料金が高い」という格安SIMのデメリットが、通話かけ放題によってほぼ無くなりました。通話はIP電話サービスの利用となりますが、3GBプランで最長25時間もの通話が可能。通話かけ放題プラン登場前も、バリュープログラムのポイントサービスなどでお得度の高かったNifmoがさらに進化しました。

通話かけ放題を必要としないユーザーにもオススメできる格安SIMです。

プラン 基本料 かけ放題料金 基本料+かけ放題(国内)
3GBプラン 1,600円 国内のみ:1,300円
国内+海外:2,700円
2,900円/月
5GBプラン 2,300円 3,600円/月
10GBプラン 3,500円 4,800円/月
Nifmoの通話かけ放題プランはこんな人におすすめ!

Nifmoの通話かけ放題プランは、「毎月かなり電話は掛けるけど、スマホ料金は格安SIMで抑えたい」そんな贅沢な要望に応えるプランです。つまり、現段階では格安SIMに乗り換えを検討していて、尚且つかなり通話をする方はNifmo一択といっても過言ではないでしょう。そのくらい、通話に関してはNifmoのサービスが突出しています。逆に、毎月の通話がトータル60分未満の方は、通話半額サービスを提供しているmineoやDMM mobileの方がコストを抑えれるでしょう。Nifmoの通話かけ放題プランは、1回の最大接続時間も90分と長いので、恋人と長時間電話するなんて方にも最適ですよ!

kousiki-btnreview-btn

 

Y!mobile

ymobile-logo2

10分×300回の無料通話!MNPならさらにお得に!

Y!mobileはイーモバイルとウィルコムが合併できたブランドです。もともとは一つの会社でしたが、近年SoftBankに吸収されSoftBank傘下のブランドになりました。

格安SIMを提供するMVNO業者とは異なり、独自回線SoftBank回線を使った通信を提供しています。しかし、格安SIMと同クラスの低価格料金。さらには10分×300回の無料通話が付いていることから、通話をよくするユーザーに人気のサービスです。

特にau、docomoからのMNPを検討している方は、データ通信量2倍、キャッシュバックといった特典があるので大変お得です。

プラン名 月額料金 データ容量 無料通話分
スマホプランS 2,980円 1GB 10分×300回
スマホプランM 3,980円 3GB 10分×300回
スマホプランL 5,980円 7GB 10分×300回
Y!mobileはこんな人におすすめ!

Y!mobileはやはり通話無料分をうまく活用できる人におすすめです。格安SIMだと通話料金が高いうえ、IP電話は通話品質が悪くなりがちです。一方Y!mobileは音声通話回線を使っているので、通話品質もいいです。データ通信速度も速いため、速度低下によるストレスも受けにくい、使いやすいサービスです。

 

一方、Y!mobileのデメリットとしては、まずは基本2年契約となることです。契約期間内の解約は、契約解除料9,500円が発生します。格安SIMサービスの多くが6~12か月間の最低利用期間であることを考えると、Y!mobileの縛りはかなり強い印象です。

また、Softbankと契約している方はY!mobileにしてもメリットがかなり少なくなります。まず、基本料金が1,000円高くなります。データ通信量2倍やキャッシュバックといった特典も適用されないため、Softbankユーザーにとってはあまりお勧めのサービスとは言えないです。

kousiki-btnreview-btn

 

もしもシークス

mosimosiix-logo2

MVNO業界初の通話定額!毎月ちょっと電話するならこれ!

もしもシークスは、MVNO業界で初めて通話定額の提供を始めた格安SIMサービスです。他社がまだ提供していない通話定額は人気があり、「毎月ちょっとだけ電話をする」という人におすすめの格安SIMサービスです。

プランは3種類。データ容量が1GB、7GBの2種類しかない点がやや寂しいですが、無料通話分に関してはユーザーが選択しやすいプランが用意されています。

まだまだユーザーの少ない格安SIMですが、音声通話を使うユーザーには選択肢の一つとしておすすめのサービスです。

プラン名 月額料金 データ容量 無料通話分
基本コース 1,980円 1GB 3分×30回
あんしんコース 2,980円 7GB 5分×30回
まんぞくコース 3,980円 7GB 10分×100回

 

もしもシークスはこんな人におすすめ!

もしもシークスの3つのプランの中でも、特に「基本コース」が特におすすめ!1,980円と月額料金も安く、3,600円分の通話が付いてくるのでとても使いやすいプランです。

逆に、あんしんコース・まんぞくコースはデータ容量が7GB/月と多いのがネックです。スマホユーザーの多くが3GB未満のデータ使用量/月なので、データ容量を持て余してしまう可能性が高いです。

まんぞくコースでは、10分×100回の無料通話分で大変お得に感じるかもしれませんが、この料金を払うのであれば大手ガラケーのかけ放題プラン(2,200円)を契約してしまった方が良いでしょう。

もしもシークスは、毎月少しだけ電話をするユーザーにおすすめの格安SIMです。

 

kousiki-btnreview-btn

 

通話かけ放題の格安SIMまとめ

Y!mobileは大変お得な料金プランですが、「au/docomoからMNPできる人」「毎月通話を沢山する人」といったように、かなり条件が限定されます。これら条件を満たす人は、Y!mobileも十分選択肢の一つに入れてよいでしょう。

一方、もしもシークスは「スマホで毎月少しだけ電話をする人」におすすめの格安SIM。これに該当する人はかなり多いでしょう。もしもシークスの契約でネックなのは、初期費用が5,000円と高いこと。他社格安SIMが3,000円なので、もう少し安くしてほしいところです。それでも、毎月30分以上通話をするなら十分元は取れます。音声通話を使う方には、間違いなくおすすめの格安SIMですね。

Sponsored Links


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ