DTI SIMから「ネット使い放題」×「でんわかけ放題」プランが登場!


こんにちは、しむにぃです。

今回は、2015年の秋ごろに登場した、比較的新しいMVNOであるDTI SIMの新プランのご紹介です。

新しく登場するプランは、「データ通信使い放題プラン」と、「でんわかけ放題プラン」。

これまで、”基本料金半年無料キャンペーン”以外に特に強みのなかったDTI SIMですが、この新プラン登場により、一気に注目の格安SIMになると感じております。

この記事では、それぞれのプランの詳細と、「実際使えそうなの?」ということについて解説していきます。

 

データ使い放題プランは格安SIMで最も便利な使い放題?

dti-net-houdai

 

ネットつかい放題プランの料金・制限詳細

まず、ネットつかい放題プランの料金は以下のとおりです。

dti-net-houdai-fee

DTIのネットつかい放題プランは、データ専用SIMであれば月額2,200円という低料金です。

同じくMVNOで、データ通信使い放題を提供している、「ぷららモバイルLTE使い放題プラン」が月額2,980円であることを考えると、DTIがいかにお得なプランか分かって頂けると思います。(ぷららモバイルでは、更に速度MAX3Mbpsという制限がある)

 

更に、他のMVNOにありがちな「3日で3Mbps以上の利用で速度制限」・・・などのような、帯域制限がありません

これはDTI使い放題プランの非常に大きなメリットですね!

DTI回線は格安SIMの中でも安定しており(ユーザーがまだ少ないというのも有りますが)、使い放題がかなり快適に使えるのでは?と思っています。

現段階では、DTI つかい放題プランの速度で、悪い評判は見当たらないため、現在の通信品質をぜひとも維持していただきたいです。

 

DTI データつかい放題プランの注意点

DTIのデータつかい放題プランには、帯域制限がない。。とお伝えしましたが、場合によっては通信速度制限がされることがあるようです。DTIの公式HPでは、以下の様な説明がされています。

ネットつかい放題プランは、通信量が他の利用者の平均利用容量を著しく超えるときは、通信速度が一時的に遅くなることがあります。(制御後の速度は上り下りともに200kbps以下)制御は毎日0:00に解除されます。なお、現在の利用者様の平均利用容量から換算すると、1日もしくは連続する2日の通信総量が1~3GB程度であれば制御対象にあたりません。また、DTI SIMサービスの設備上の帯域利用状況によっては、3GB以上ご利用可能な場合もあります。

 

この文章から判断すると、2日で3GB以上で制限がされる。。と思っておいたほうが良いかもしれません。

どの程度の使用で制限がかかるのかは、今後のユーザー増減にかなり影響を受けそうです。余裕を持って、「2日で3GBまでのプラン」のように認識しておくほうが良いかもしれません。

 

いずれにせよ、つかい放題プランなのにかなり低価格。

しかも、2016年06月30日までは半年間980円割引のキャンペーンを実施しています。この点を踏まえると、現行の格安SIMのつかい放題プランの中では、最もおすすめな格安SIMだと思います。

格安SIMでつかい放題プランを探している方は、まずはコストが安いDTI SIMを検討してみてください。

 

DTIのでんわかけ放題プランは5分以上の電話に注意!

dti-denwa-kakehoudai

次に、DTI SIMの「でんわかけ放題」について解説します。

 

DTIのでんわかけ放題プランの料金・詳細

DTIのでんわかけ放題プランは、【プランに加入すると通話開始から5分間の通話料金が無料】となるサービスです。

このオプションでは、月額基本料に追加で780円/月の追加料金が発生します。因みにこの料金、格安SIMのかけ放題オプションの中では最安値になっています(2016年06月現在)。

 

また、最低利用期間が無く、月単位での契約になります。

オプション料金の日割り計算はなく、月単位で請求されます。月の途中お申し込みをしても、その月は遡って無料通話分が適用されるので、「今月使いすぎたな~」と思うようなときは、途中からオプションに加入して節約することが可能です。

 

これまでは、格安SIMで音声通話回線のかけ放題オプションを提供しているのは、「楽天モバイル」と「FREETEL」のみでした。通話を沢山かけたい人には、これまではFREETELと楽天モバイルが人気でした。しかし、FREETELは従量課金制(使った分だけ料金が増える)、楽天モバイルは通信品質が悪い・・など、それぞれデメリットがありました。

そのデメリットを解決してくれるのが、DTI SIMだと思っています。DTI SIMは、まだユーザーがそれほど多くなく、さらに最高速度を7Mbpsほどに抑えることで、ユーザーに快適な速度を提供している格安SIMです。データプランも、1G/3G/5G/無制限から選ぶことができ、従量課金制のように勝手に料金が上がってしまう心配もありません。

2016年06月末まで実施されるキャンペーンを考慮すると、DTI SIMはかなりおすすめの格安SIMです。

 

でんわかけ放題の注意点

DTI SIMのでんわかけ放題プランで、最も注意すべき点は、『5分経過後の通話料金が30秒/20円である』という点です。

楽天モバイル、FREETELのかけ放題プランも同様に5分間までの無料かけ放題サービスですが、5分かけ放題後の通話料金が30秒/10円となっているので、DTIよりも半額の値段です。

もし、5分を超える電話を頻繁にされる方は、いくら無料とはいえ割高になってしまう可能性があるのです。

 

 

DTI SIMはかなりおすすめな格安SIMに!

今回のオプションサービス追加により、DTI SIMはかなり魅力的な格安SIMになりました。

2016年06月末までは、基本料無料 or 980円割引のキャンペーンを実施しているので、それまでに新規契約するのであれば、DTIはかなりいいですね。

 

逆にDTIのデメリットとしては、『データ通信量の繰越ができない』、『データ通信量管理アプリが無い』、『高速/低速の切り替えができない』、『解約時にSIMの返却が必要』・・といったことが挙げられます。

このデメリットが気にならないようであれば、候補の一つにして良いでしょう。

個人的な印象としては、データ通信量の繰越が無いのが気になります。今はmineoの3GBプランを使っていますが、この繰越があることで、かなり安心して使えています。繰越が無いと、「毎月末に使いきってやろう!」などと思ってしまいます。

それでも、キャンペーンがある時期であれば、それ以上の恩恵があると感じるのがDTI SIMです。

もし、格安SIMへの乗り換えをご検討であれば、DTI SIMも候補の一つとして考えてみてください。

 

DTI SIMプラン
DTI SIMのお申し込みはこちら!

 

 

Sponsored Links


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ