au系のMVNO|au回線の格安SIMにする際の注意点


au回線を利用しているMVNOは、mineoとUQ mobile の2つ!auスマホ端末では、このMVNOでのみ格安SIMを利用することができます。SIMロック解除義務化前の購入端末でも、格安SIMが利用できるのは大変便利。

ここでは、au系MVNOのサービスについてや、格安SIMに乗り換える上での注意点についてまとめました。

 

auスマホユーザーは、au系MVNOを活用しよう!

実は、au系MVNOが出てきたのは2014年の後半から。mineoとUQ-mobileは新しいMVNO業者です。

それまでは、docomo系のMVNOしかありませんでした。これにより、auスマホを持つユーザーも気軽に格安SIMに乗り換えることができ、格安SIMユーザーが増えてきています。

月額費用が半分以下になる格安SIMに乗り換えて、通信費用を節約しましょう!

 

mineoとUQ-mobileはどちらがお得?

こちらについては、正直一長一短があるのでよく特徴を理解する必要があります。

結論を言うと、「サービス&価格重視ならmineo」、「通信速度重視ならUQ mobile」です。詳しくは、「mineoとUQ mobile徹底比較」を参考にしてみてください。

 

 au系のMVNOの格安SIMを使う際の注意点

いざauスマホ端末で格安SIMを使うとなると、当然auは解約することになります。

その際の注意点を以下にまとめました。

解約違約金
契約期間内である場合、1万円程の解約違約金が発生します。ただし、同じ番号でauを10年以上利用しているユーザーは違約金が3,000円程になる場合があります。詳しくはauショップにお問い合わせしてみてください。

スマホ本体の残債
スマホ本体の残債が残っている場合は、当然支払いしなければいけません。残りの金額を、解約後に分割で支払うことも可能なのでauショップに相談してみてください。

対応端末
auスマホであっても、格安SIMが使えない端末もあります。LTE対応端末であることは必須です。詳しくは、各MVNOの動作端末一覧をご覧ください。

 

以上の点に注意して、au系MVNOの格安SIMに乗り換えてみましょう!

 

 

Sponsored Links


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ