Ascend Mate7 の価格とレビュー|Huawei スマートフォン


Ascendシリーズの高スペック機として登場した「Ascend Mate7」。デザイン面・スペックのどちらもワンランク上のスマートフォンです。

ここでは、Ascend Mate7の価格、レビューや、どのような人が向いているのかを解説していきます。

 

Ascend-Mate7

Ascend Mate7 のスペック

OS Android 4.4 SIMカードスロット microSIM
実勢価格 5万4,000円 ディスプレイ 5インチ
内部ストレージ 16GB SDカードスロット microSD
CPU オクタコア 1.8GHz/1.3GHz メモリ 2GB
カメラ 1300万画素(背面)/500万画素(前面)
本体サイズ W:81×H:157×D:7.9mm/185g
待受時間 非公表 連続通話時間 非公表
その他の機能 LTE対応、NFC、指紋認証センサー

SIMフリースマホの中でも、高スペックに分類されるのがAscend Mate7。

デザイン面、スペック共に申し分ないスマートフォンになっています。あとは、この価格をどう思うか…という所でしょうか。

 

Ascend Mate7 のレビュー

デザイン面

Ascend Mate7 のデザインは、高級スマホの名にふさわしい洗礼されたデザインになっています。ボディはアルミニウムの合金製。購買意欲を刺激されるようなデザインになっています。

 

スペック

6インチの大型画面を搭載した高スペックモデル。デザイン面でも、高級感あふれるワンランク上のデザインになっています。

 

テザリング

勿論、テザリング機能を利用することは可能です。

 

Ascend Mate7 はこんな人におすすめ!

良く比較されるのが、同日発売されたAscend G620S

Ascend G620S が低コストでそこそこのユーザー向けで、Ascend Mate7 はスマートフォンをがっつり使い倒したい方向けのモデルです。

デザイン面でもG620S よりかなり高級感のある仕上がりになっています。

 

内部ストレージ、メモリ、CPU、カメラとあらゆる面で高スペックな能力を備えたスマートフォンです。

Ascend Mate7 は、「ある程度コストがかかっても良いから、スペックとデザインにこだわってとことん使いたい」という方におすすめ!

 

 

Sponsored Links


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ