格安SIM最大のデメリットはやはり端末故障!?初めてのトラブルの話


こんにちは、しむにぃです。

昨年7月頃から格安SIMを使い始めて早1年。これまで、特に大きな問題が起こることもなく、順調に格安SIMで通信費を抑えてこれたのですが、遂に初めてとも言える”トラブル”が発生しました。

それが、端末故障です。

docomoやauといった大手キャリアでは、端末故障時には一時しのぎ用の端末をレンタルしてくれるのですが、格安SIMにはそのようなサービスがありません。(有料でサービス提供している格安SIMはあります)

 

今回、端末故障というトラブルにあった僕が、「どのようなことで困ったのか?」「どのように対処したのか?」そんな体験談をお伝えします。

やっぱり、格安SIMは端末をいかに”長く”・”大切に”使うかがポイントだね!

 

 

端末故障の原因は猛暑と端末発熱が原因

fire-836635_640

僕はauから格安SIM(mineo)に乗り換えたのは約1年前。

その時はまだauの機種変更で手に入れたXperiaZ3を使っていました。

ただ、このXperiaZ3がイマイチいけてなかったです。。

噂になっている通り、最近のXperiaシリーズは発熱が以上に酷かったりします。僕の端末も例外ではなく、使い始めて直ぐに異常な程の熱を発していました。特に、スマホゲームなど重たいアプリを動かす際はすごかったです。

「こんなんじゃ、いずれ壊れるのでは??」

と思っていたら、案の定、帰らぬ端末となりました。

 

勿論、落下させたりとかではなく、真夏にかばんの中に入れているだけで壊れました。。

最初は「バッテリーが壊れたのかな?」と思ってわざわざ修理屋に持って行ったのですが、「基盤故障(つまり復旧不可能)」ということでした。

 

格安SIM最大のデメリット!”端末故障”で困ったこと

端末が急に壊れたことで、結構色々と不便なことがありました。

特に格安SIMならではの面倒は結構多かったように思います。

  • LINEや音声通話が一時的に機能停止
  • au回線のmineoを使っていたので、SIMフリーの端末でも使えなかった。
  • 修理屋が近くに無い。
  • 修理or新しい端末にするまでの間、スマホレンタルが無い。

 

当然電話番号やLINEは使えない

まず、当然スマホが壊れてしまったわけですから、LINE等で友人とのやり取りが急にできなくなります。これ、結構大きな問題ですよね。特に予定がある方とのやりとりが途絶えてしまうのは大問題。

最終的に、応急処置としてパソコンからLINEアカウントにログインして対応しました。とはいえ、ここで格安SIMがau回線のmineoを使っていたことがちょっとした問題となりました。SIMフリー端末の予備は持っていたのですが、au回線の格安SIMは基本的にSIMフリー端末が使えません。。。

そして、パソコンからLINEアカウントにログインするためには、一度自分のスマホの電話番号にSNSで認証番号を送る必要があるのです。このために、わざわざ家族のau端末を借りて、PCログインの認証だけ済ませて、しばらくLINEはパソコンで使っていました。

ん~、やっぱりスマホ故障時のレンタルが無いのはなかなか不便。予備のスマホがあればよいのですが、どれもSIMフリー端末。ここに来て、au回線の格安SIMのデメリットをもろに露呈してしまいました。

 

格安SIMで使っている端末は修理屋が近くにない

大手キャリアで契約されている方は、スマホが壊れた際はキャリアに持っていけば、修理として預かってくれて、代わりにレンタルスマホを貸してくれます。自分のスマホに保存していた音楽データやゲームなどは当然出来ませんが、LINEや電話発着信ができるだけでもかなりありがたいもの。

一方、格安SIMでは基本的には自分でサポートの契約をしないかぎり、そのようなサービスが受けれません。それだけではなく、修理屋が案外近くに無かったりします。

調べても近くに修理屋が無かったので、「故障の原因が何か?」を調べるために、わざわざ1時間以上もかけて都内の修理屋に持って行きました。これって、かなり不便です。。

しかも、結局基盤故障だったので、新しい端末を購入する・・という解決策しかなかったのですから・・・苦笑

 

結局、格安SIMは端末をいかに大切に使えるかが大事ですって話

格安SIMがいくら安いからといって、しょっちゅう端末を壊して新しいスマホにしていては、スマホ代でかなりの出費。場合によっては、大手キャリアのほうが安かった・・・なんてことになりかねません。

格安SIM乗り換えで新しいスマホを購入するなら、最低でも1年間は使わないとマイナスになってしまいます。

 

最近では、端末保証のようなサービスを提供する格安SIMも増えてきました。

最低利用期間のないサービスであれば、最初の半年間だけ契約しておけば安心かもしれませんね!

 

余談ですが、今回僕のスマホが壊れてしまった最大の原因は、比較的重いスマホゲーム(モンスト)をやっていたからだと思います。このゲームをやっているときは、普段以上にスマホが熱くなっていました。

特に、オンライン通信をつかって他プレイヤーとの通信をする場合は特に危険です。

こういったスマホへのダメージの蓄積によって、たった1年という期間でスマホが壊れてしまったのだなと思います。

 

今回、新しくGalaxyS6をヤフオクで購入しました。

価格は4万3,000円程です。

XperiaZ3程発熱もなく、2年くらいは問題なく使えるのでは?と期待しております。

 

格安SIM、いかにスマホを大切に使えるかが、どれくらい通信費を節約できるかに直結してきますね!

格安SIMにする際は、そういったことも注意しながら端末やサービスを検討してみてください!

 

 

Sponsored Links


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ